不動産再生事業

ホーム > 不動産再生事業

不動産再生事業

低稼働不動産、遊休不動産を優良収益不動産に再生しご提供いたします。

原状のままでは収益を生まない遊休不動産、低稼働の不動産、不良債権の担保不動産の周辺・状況等を徹底的に調査し、地域・時代のニーズにあった優良不動産として再生することにより、性能を向上させ、価値を高めることに重点を置いています。新たな開発物件もさることながら、既存物件への高度な再加工が求められる市場環境の中、不動産のプロ集団として、これまで培ってきたスキルを大いに活かし、「不動産の最有効利用」を念頭に、クリエイティブな不動産を生み出します。

不動産再生事業 イメージ

再生事例

Case1 大和ビル16号館

歴史のあるビルの雰囲気を活かし、ターゲットを絞って再生。

古いビルを新しくするのではなく、古さを活かした再生を試みた。外観・共用部・細部に気を配り、レトロ感のある嗜好性の高いリノベーションを行った。ターゲットは雰囲気やクリエイティブにこだわったデザイナー・クリエイター層にしぼった。

Case1 大和ビル16号館

Case2 エレガントライフ

賃貸マンション初のアクアリウム設置。住む人の心を癒す空間。

大阪の都心であり、上町台地に建つ若者やファミリー向け賃貸マンション。
入居者様の多様なニーズに対応する為、個性ある部屋にリノベーションを実施。 また、アプローチ階段にスロープを設けることにより、ベビーカー利用者・高齢者の方に配慮を施しました。 そして、エントランスホールにアクアリウムを設置することにより、癒しの空間・都会のオアシスを実現致しました。

Case2 エレガントライフ

Case3 ワールドインテリアビル

地域の新しい価値を一緒に見出し活性化させ導く。

リノベーションからリーシングではなく、当社独自のネットワークで先行リーシングを行い、テナントの要望、街並み等をマッチさせた企画を立案し、リノベーションを行った。

Case3 ワールドインテリアビル

このページの上部に戻る